戸建塗装・ベランダ防水:光市 K様邸

TOP > 施工事例 > 戸建塗装・ベランダ防水:光市 K様邸

 

 社長のハトコ、K様のお家です。

 すでに雨漏りがし、
 部屋のクロスもめくれてしまっています

 
 まずは、雨漏りの原因・箇所の調査です。

 

屋上ベランダの水切部のシーリングが、すでにボロボロ
朽ちていて、まったく防水の役目をはたしていませんでした。
目視でも分かるくらいの劣化ですが、、、

 

 対象物を熱画像でとらえ、温度計測をする、
 赤外線サーモグラフィの出番

 ベランダの防水改修工事もさせていただくので、
 雨漏り調査と塩ビシートの高圧洗浄とを、
 一緒に行いました

 
 

  
 

雨漏りの原因箇所がわかったら、、、防水改修工事からスタートです。

 

 

   ⇒⇒⇒  

  ⇒⇒⇒  

     (塗装までしてしまっている画像でわかりにくく すいません

屋上・2階ベランダのシート防水工事:かぶせ工法と、
建屋のシーリング工事が終わったあと、雨漏りはなくなりました

K様邸のように、部屋のクロスがボロボロになるほどほおっておくと、
建物の寿命をかなり縮め、劣化を猛スピードで速めてしまいます。

                気になったら些細なことでも、業者さんに見てもらいましょう。

 

防水工事と同時進行で、壁面のクラック補修をしました。

  

前に、K様がご自分で、壁面ブロックのヒビや浮きを直されたそうです。
その他にも、多数のヒビや浮き・欠けが見られました

 

  


         下地処理が完了したら、やっと塗装工事のスタートです。

建物の北面 半分のカラーベスト屋根には、オレンジ色の苔がびっしり貼りついていました

 

 

  ⇒⇒⇒  
       (高圧洗浄後)                     (塗装完了)

 

 

 

 壁は、寒水石(骨材)入りのジュラク吹付け。

 凹凸も激しいので、丁寧に均一に吹付けます。

 

 
 

シーリングの劣化や壁の亀裂、水垢・赤カビ、、、

  ⇒⇒⇒  

  ⇒⇒⇒  

  ⇒⇒⇒  

 

雨漏り調査や大きなベランダの防水改修工事もあったため、
工事期間は多めに了承を得ていましたが、
雨が続いたり気温が低かったり、およそ1ヶ月半、工事でお邪魔させていただきましたが、
いつも温かく迎えてくださり、ありがとうございました

  ⇒⇒⇒  


ページのトップヘ