戸建塗装:光市 S様邸

TOP > 施工事例 > 戸建塗装:光市 S様邸

 

 
 1件前の施工事例:D様邸の
 お母様、S様邸です。

 2件同時進行で
 工事に入らせていただきました。

 


 

カラー鉄板の折半屋根と軒天は、錆がひどく、
腐食で大穴が開いていて、すでに雨漏りをしています

 

壁に接続されていた竪樋の金具も外れ、樋が宙ぶらりん・・・
シーリング部も大半が、朽ちて痩せていて、
防水機能が果たされていない状態になっていました

塗装工事の前に、シーリングと板金で、防水・補修工事です。

  ⇒⇒⇒  

  ⇒⇒⇒  

 

 折半屋根と軒天の錆を、
 電動工具やペーパーなどで完全除去します。

 不十分だと、仕上がりが悪くなるだけでなく、
 塗膜がすぐ剥がれたり、またすぐに錆が発生したり。

 ケレンは非常に、重要な作業です。
 



錆のひどかった場所、そして前面に、、、S様邸では錆止め(下塗り)を2回塗装しました。

       1回目                2回目
 

 

 
 折半屋根は、ボルトやナットから発錆し始めます。

 ボルト部は水捌けが悪く、防錆対策が不十分なので、
 キャップを取り付け腐食対策をします






  ⇒⇒⇒  



築40年くらいで、その間に1回、塗替えをされているそうです。

顔料を混ぜた砂壁状の骨材(リシン)が吹付けてあるモルタル壁には、
ひび割れや巣穴などができていました。
今回は、ゴムのように伸びる微弾性を、下塗り材で使います

  ⇒⇒⇒  

  ⇒⇒⇒  



娘さんのお宅よりも、なかなか手こずったS様邸。
                   「新築みたいになった♪」と喜んでいただけました

  ⇒⇒⇒  

  ⇒⇒⇒   

  ⇒⇒⇒  


ページのトップヘ