第2回㈱おおつか杯争奪光市少年野球大会

TOP > 会社行事 > 第2回㈱おおつか杯争奪光市少年野球大会

 11月3日(祝・文化の日)、
㈱おおつか杯争奪光市少年野球大会が開かれました。

 

 
 光市野球スポーツ少年団の復興と
 少年の体力強化及び健全な精神の育成に
 寄与することが目的です

 

 

市内最終戦 として、30年以上に渡り 読売旗争奪大会として開かれていましたが、
主催者側的に続けていくのが困難となり、存続が危ぶまれたこともありました。

そこで、
光市野球スポーツ少年団が主催し、
平成25年は、光シーガルズ杯大会、
平成26年は、寿不動産と㈱おおつか が、後援しました。
 

 


 今年平成27年度の大会は、
 ㈱おおつかが全面的に後援しての冠大会

 

 

 

   

 

 6年生で構成されているAチームは 10チーム、
 5年生で構成されているBチームは 3チーム、
 4年生以下で構成されているCチームは 3チーム、
 
 全16チームがそれぞれ
 トーナメント戦・リーグ戦で戦います。
 

 

 

  

   「優勝カップとかは“チーム”が持って帰るから、
               頑張った子ども達の手元に“物”が残らないのは・・・」
       と、今年から、Aチームの優勝・準優勝チームに、
       Bチーム・Cチームの優勝チームに、メダルも用意されました
    
     

 

    

 

 
 およそ、150人以上の球児ちが
 死闘を繰り広げます 

 

 
 

        ヒット、タイムリー、三塁打、スクイズ・・・
                打撃が飛び交えば、無失点に抑える投球も。

     
     


 

 

 

 AチームAブロック優勝・Bブロック優勝:

                 大和軟式

 
 


 


 AチームAブロック準優勝:

                 光ブレイズ

 



 

 

 AチームBブロック優勝:

                 島田ライガース




 


 Cチーム優勝:

                 周防若草

 

 
 
 

  

 市内で仕事をしているので、地域への恩返しとして、できる限り支援を続けていきたい。
 野球人口が減っている中、
 少年野球を盛り上げ、上に行っても野球を続ける選手が増えてほしい。

             瀬戸内タイムスより引用: ㈱おおつか 代表取締役 冨士岡 崇

 


ページのトップヘ