戸建塗装:光市 A様邸

TOP > 施工事例 > 戸建塗装:光市 A様邸

 

 

 ㈱おおつかの社員の知り合いでもあるK様。

 塗装のご依頼をいただきました

 

 

 

壁のコンクリートパネルが見えてしまっているくらい、
塗膜表面が剥げている箇所がたくさんありました

 

GRC(ガラス繊維強化セメント)のバルコニー手摺は、
欠けていたり、細い傷が入っていたり。。。

 
 

今のところ雨漏りはないということでしたが、シーリングの状態も悪かったです。

 

屋上のシートも、バルコニー手摺や腰壁も、すでにシールが切れていました


足場を組んだら、、、

まずは高圧洗浄で、うろこのようにパリパリになっている塗膜を除去し、
ベランダ溝の、泥や苔や藻・・・ヘドロ状態で詰まっている汚れを落とします。

 

 排水ドレンが詰まっていたので、
 ちゃんと雨樋に水が流れるようにするまでに
 時間がかかりました

 水はけを良くしてあげないと、
 いつも湿っていて(水が溜まる)劣化が早まるし、
 ゴミが付着しやすいし、悪いことばかりです


            苔や藻が生える前に、お掃除してあげて下さい。



     下塗り              上塗り1回目          上塗り2回目

  
バルコニー床の防水シートは、色褪せや苔・藻の付着はありましたが、
亀裂・破損はありませんでした。

  
 

  ⇒⇒⇒  

  ⇒⇒⇒   

 
週一しかお休みがなく、朝早く出て夜遅く帰宅されるA様御一家。

大抵の方はそうですが、普段、マジマジと隅々まで、自宅を眺めることはありません。

工事の打ち合わせて、事前に撮らせていただいた現況写真をお見せした際、
「こんなに汚かったんじゃね・・・」と奥様。

 

  ⇒⇒⇒  

  ⇒⇒⇒  


2階からの、エアコン配管化粧カバーが2本共朽ちて、うち1本は、中が丸見えに

 

足場があるうちに、こういった劣化部を直しておくと、一石二鳥です

  ⇒⇒⇒  

 

工事はずっと、皆様お仕事でお留守の間に入らせていただいていました。
帰宅されても暗いので、朝の出勤前に、
徐々に塗替えされていくお家をご覧になられていたそうです。

グレー色だったお家にブルーグリーンの色が着きました。
空の色が真っ青な日は、相まって輝いています
  
  ⇒⇒⇒  

  ⇒⇒⇒  


ページのトップヘ