経年劣化した玄関床をバリアフリーなフローリングへリフォーム【光市】

Before

After


公私ともにお世話になっているA様。

玄関床がギシギシ鳴る・・・ということで、玄関床の追い張り工事の依頼をいただきました。

点検

「もしかしたら“シロアリ”かも」ということで、とりあえず、床下を見てみることに。

束は、とってもきれい束石も、大引きも根太も、なんともなっていませんでした。

原因は・・・経年劣化

ギシギシ鳴る箇所の、複合(複層)フローリングの床板の層が、パリパリに剥げていました。

ご提案

上がり框(玄関の土間と床の段差のところに設けられる化粧材)と、もともと、松柄のフローリングだったので、その見本を7パターンのお持ちしました。
A様の奥様の即決に、優柔不断な私はびっくりしました。冠松。

作業開始

まず、床の補強です。3箇所剥いで、広めに補強。

そして、上がり框の取付です。

Before

After

あとは、冠松のフローリングを追い張りしていきます。

↑突当りにトイレ、その手前 右には ↑ 廊下があります。廊下との境はバリアフリーになり、ギシギシも直り、玄関が明るくなりました。

奥様とおばあちゃんには、いつも明るく優しく接していただいて、とても癒されます。
お嫁さんもかわいい人で、お孫ちゃんは、さらに、めちゃめちゃかわいい
A様には人生相談にものっていただいたり(笑)

今後も、公私ともども、よろしくお願いします。

基本情報

住宅種別 戸建住宅
施工場所 山口県光市
施工内容 玄関床リフォーム工事