屋根の塗装って必要?タイミングは?

屋根塗装の必要性をあまり感じていない方もいらっしゃるのではないでしょうか。屋根塗装を検討されている方も、タイミングがわからないこともあるかと思われます。

こちらでは、そういったお悩みを少しでも解消していただくべく、屋根塗装の必要性、また適した時期についてご紹介いたします。

屋根塗装の必要性

屋根材と言っても瓦屋根、スレート屋根、アスファルトシングル屋根、乾式洋瓦屋根等々種類があります。その素材によって塗料の種類も変わります。

また屋根は一番太陽に近いので外壁よりも直射日光をたくさん浴びる分、紫外線によるところの損傷が激しくなります。

塗装は美観だけではなくて、その素材自体を保護するという大事な役割を果たします。

家は建ててからメンテナンスを全くせずに放置しておくと、どんどん傷みが生じ、思っていたより早くトラブルが起こってしまうこともあります。

屋根は外壁とともに大切な家を守るために、重要な役割を果たしています。

屋根に不具合が発生してしまうと途端に、建物が直接ダメージを受けてしまうので、長く住めなくなってしまうことも...特に屋根瓦は重要で、ちゃんとした屋根瓦であれば、50年程の耐久性があると言われます。

この耐久性を維持させるためにも屋根のメンテナンスは重要なのです。

トラブルがないうちに、点検を行うようにすると格段に家の寿命が延びると言われています。

屋根塗装のタイミング

一般的にスレート瓦やセメント瓦、金属屋根の場合、10年に一度の塗り直しが必要といわれています。

塗装時期を逃すと屋根材自体の葺き替えをしなくてはならなくなります。そうなると工事も大掛かりになり、もちろん、コストも増大します。

お住いの地域の環境や使用されている塗料によっては劣化の進み具合が変わってきます。普段から屋根の様子をチェックし、劣化のサインを見つけられるようにしましょう。

まとめ

ご自分の家が今どのような状況なのか定期的に点検を行うことをお勧めします。

弊社では無料の診断を実施しております。お気軽お問い合わせください。